神戸製鋼HOME > プレスリリース > 2010年 > 神戸製鋼グループ「中長期経営ビジョン」

プレスリリース

*プレスリリースの内容は発表時のものです。販売が既に終了している商品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

神戸製鋼グループ「中長期経営ビジョン」

「KOBELCO VISION“G”」
~新しい価値の創造とグローバルな成長を目指して~

2010年4月14日

株式会社神戸製鋼所


【1】はじめに

 
当社グループは「2006-2008年度グループ中期経営計画」において、“「安定」と「成長」の追求”を掲げ、着実に事業を拡大してきました。

引き続き、2009年度から策定する予定であった「新グループ中期経営計画」は、過去に経験の無い世界経済の急激な悪化を受け、一旦、中断しておりましたが、景気は緩やかな回復傾向にあることを踏まえ、「中長期経営ビジョン」を今回策定しました。

今回の新たな「中長期経営ビジョン」では、多様な素材系、機械系のビジネスで培った神戸製鋼グループならではの知識?技術を更に融合することにより、

グローバル市場において存在感のある企業グループ
安定収益体質と強固な財務基盤を備え持つ企業グループ
株主?取引先?従業員?社会と共栄する企業グループ

の3つを5年?10年後の神戸製鋼グループ像として目指して参ります。

業績の水準としましては、売上高は3兆円、経常利益は2,000億円超えをイメージしております。また、積極的なグローバル展開をしていくことで、売上高に占める海外比率は50%程度になると想定しています。

【2】基本方針

1. オンリーワンの徹底的な追求

(1) オンリーワン製品?技術?サービスについて、既存のものは、市場での地位向上、採算向上に継続して注力するとともに、新たなオンリーワンの創出を追求していく。
   
(2) コベルコならではのサービスをもって顧客に貢献する。事業としてのアフターサービスはもちろんのこと、変化する顧客のニーズを常に発掘?捕捉し、よりよい製品?技術として反映し、顧客満足度を向上させる。また、顧客?社会の志向と歩調を合わせ、既存ビジネスの川下に加えて、川上にも展開することを積極的に追求し、当社ビジネスの付加価値を飛躍的に向上させることも狙う。

2. ものづくり力の更なる強化

(1) ものづくり力こそが、当社グループの競争力の源泉である。当社グループにおける「ものづくり」とは、企業理念である「信頼される技術、製品、サービスを提供します」を実践するための「営業?マーケティング?開発?設計?調達?製造?生産」といったトータルの活動であり、収益向上につなげることに、グループ全体で取り組んでいく。
   
(2) 「ものづくり力」とは、「“永続的に”信頼される技術、製品、サービスを提供する力」であり、成長のための「エンジン」でもある。
   
(3) 部門間連携を深めることによるコストダウン活動?生産性向上、中長期的な「課題の抽出」などを目的に、2010年4月1日付けで、『ものづくり推進部』を新たに設置した。

3. 成長市場への進出深化(成長と事業拡大:グローバル化と国内の役割)

(1) グローバル市場の取り込み

成長する新興国市場を中心に、需要の拡大する地域?分野を追いかけ、その特性に見合った事業展開を行う。
   
(2) 成長分野への取り組み

国内における開発力?技術力をもって、他社には追従できない「当社独自の付加価値がユーザーから高く評価されている製品」を各マザー工場で強化し、国内外の成長分野への取り組みを加速する。

4. グループ総合力の発揮

(1) 多様な技術の融合

バリアフリーをキーワードに、組織の垣根を低くすること、情報を流れやすくすることで、グループ内の知恵?アイデア?ノウハウを一層集積?融合させ、新たな価値を創造する。また、総合技術力?提案力の向上を図るとともに、技術融合による新たなオンリーワン創出を追求する。
   
(2) 「KOBELCO」ブランドの定着

「KOBELCO」のブランドを共有し、当社グループならではの製品?サービスを提供することに加え、広報活動をメニュー?地域に応じて柔軟に展開していくことにより、「KOBELCO」ブランドの定着を図っていく。
   
(3) グループ人材の育成

事業環境が激しく変化する中、事業基盤の強化?変革を担うことのできる人材、グローバルな事業展開にも対応可能な人材を計画的に育成していく。

5. 社会への貢献

(1) 「感度」の高い組織文化の醸成

コンプライアンスに対する「感度」の高い企業風土をグループ全体で醸成していく。
   
(2) 社会的責任(CSR)の遂行

地域社会や環境保全への貢献を中心に、積極的に社会的責任を果たしていくとともに、地球温暖化問題に対しても、事業活動を通じて貢献していく。

【3】各事業部門の具体的な施策

1. 鉄鋼事業部門

(1)新興国(中国、インド)を中心とした成長市場での需要増の着実な取り込み

(2)鋼材の「オンリーワン製品」である、ハイテンと特殊鋼のグローバル展開

(3)還元鉄の鉄鋼事業における活用策の検討

2. 溶接事業部門

(1)ソリューション展開(*1)を基軸とした、持続的な成長と収益の追求 
 (*1:溶接材料?溶接技術?溶接ロボットの組み合わせ)

(2)海外既存拠点の事業拡大と新興国進出による海外事業の強化

3. アルミ?銅事業部門

(1)新拠点の設立やアライアンスの活用も含めた海外事業の拡大

  ○中国サスペンション工場新設による日米中3極生産体制
  (「アルミ鍛造事業の中国進出について」をご参照ください)

(2)オンリーワン製品の強化と拡充
 (自動車、IT、エネルギー分野)

4. 機械事業部門

(1)マザー工場での生産技術力の強化と海外事業拠点における現地生産化の拡大

(2)「環境」を意識したオンリーワン製品の創出と拡販
  (「スチームスター?」「次世代ヒートポンプ」など)

5. 資源?エンジニアリング事業部門

(1)ITmk3?プロセスを中心とした還元鉄の積極的な展開
  (「ベトナム社会主義共和国におけるITmk3?プロジェクト投資許可の取得について」をご参照ください)

(2)UBC(Upgraded Brown Coal)の商業化推進と事業体制構築

6. 神鋼環境ソリューション

(1)提案型ビジネス(サービス?メンテナンス)の拡大による収益力強化

(2)海外市場(ベトナム?インドなど)への進出?拡販

7. コベルコ建機

(1)新興国(中国、タイ、インドなど)市場の事業拡大

(2)先進技術(「低燃費」「低騒音」)を核とした地域ニーズに合った商品開発

8. コベルコクレーン

(1)「ものづくり力+サービス力」強化によるKOBELCOブランドの価値の向上

(2)海外戦略拠点の確立
 

 

虎!虎!虎!在线观看_亚欧乱亚欧乱色视频_新视觉影视线6080理论片_最佳情侣高清视频在线观看