-->

クインタス社製CIP装置の国内企業(京セラ株式会社)への初納入について

2020年9月29日

株式会社神戸製鋼所

当社は今月、大手セラミックメーカーである京セラ株式会社向けに、当社子会社のQuintus Technologies AB※1(スウェーデン。以下、クインタス社)が製造する等方圧加圧装置(IP装置)の一種である「冷間等方圧加圧装置(CIP装置)」を納入しました。

当社は、2017年にIP装置における世界トップメーカーであるクインタス社を買収し、以降、日本での販売代理店となっており、今回が国内企業への初納入となります。

IP装置は、金属やセラミック、カーボンなどの素材を高圧?高温(又は常温)環境下において、等方圧で加圧焼結または成形する事で、均質性、強度、耐久性などに優れた高品質な製品の製造を可能とするものです。発電用タービンブレード、半導体関連素材、航空機部品などの高機能製品に幅広く適用されており、今後も需要拡大が期待できる分野です。

クインタス社製の大型IP装置は生産性に優れることから、当社子会社となる前から多くの国内企業で導入に向けた検討がされてきました。しかし、国内法規への適用や国内でのアフターサービスに対する問題等から導入は進んでいませんでした。そこで、当社が販売代理店となる事で、こうした導入への障害を取り除き、お客様のニーズにお応えする事が可能となりました。また、加えて今回の納入では、制御システムや付帯設備および現地工事についても、当社が実施することで、当社グループがシステム全体を一括提案ができたことから受注に繋がったものと考えています。

当社は、成長性の高いIP装置の市場において、クインタス社と共に新規需要の掘り起こしを積極的に進めています。IP装置以外でも、フレックスフォーム液圧板金プレス装置(通称:SMF装置)についても、日本での販売代理店として営業活動を行っています。SMF装置は、板金プレスにおいて、複雑な形状の部品を製造でき、従来のプレス機に比べ、低コスト短納期での製造が可能であることから、主に航空宇宙や自動車分野における多品種少量の重要部品や試作部品生産に適したものです。

今後更に当社グループとしてシナジー効果を追求し、日本のお客様への拡販を進めてまいります。

  • ※1:クインタス社
    当社が2017年4月に約130億円で買収し、完全子会社とした。IP装置の分野では、今後伸張が期待される航空宇宙分野を中心に、欧州?米国で圧倒的なプレゼンスを発揮している。圧力媒体に液体を使用する今回のCIP装置に加え、媒体にガスを使用するHIP装置についても、非常に高い技術と市場シェアを保有している。

今回納入したCIP装置

今回納入したCIP装置

クインタス社製のHIP装置

ご参考:クインタス社製のHIP装置(左)とSMF装置(右)の一例

SMF装置

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ

虎!虎!虎!在线观看_亚欧乱亚欧乱色视频_新视觉影视线6080理论片_最佳情侣高清视频在线观看