-->

歴史?歩み

神戸製鋼所は1905年に合名会社鈴木商店が、神戸?脇浜の小林製鋼所を買収し、神戸製鋼所と改称したことを発祥としています。
その後、1911年に鈴木商店から分離、神戸市脇浜町に「株式会社神戸製鋼所」として設立しました。

KOBELCOグループは鋳鍛鋼事業にはじまり、鉄鋼アルミ、溶接、素形材、機械、エンジニアリング、建設機械、電力など幅広い事業分野で培った知見や技術力をもとに、今後もお客様や社会が抱える課題の解決に貢献していきます。

項目
1905年 創立
戦前の大財閥「鈴木商店」の重工業分野進出のきっかけとなる

1905

鋳鍛鋼事業スタート
1914年 機械事業スタート
空気圧縮機を開発開始(国内初)
1916年 鋼材事業スタート
鉄鋼圧延製品の生産開始
1917年 銅事業スタート
銅の管?棒の生産開始
1926年 エンジニアリング事業スタート
国内初のセメントプラント完成
1930年 建設機械事業スタート
国産第一号の電気ショベル完成

1905

1937年 株式上場
(東京、大阪、神戸。現在は東京、名古屋に上場)
アルミ事業スタート
アルミ鋳鍛造事業を開始
1940年 溶接事業スタート
溶接棒の生産開始(国産初)
1955年 金属チタン
国産初の工業生産

1950

1959年 銑鋼一貫体制の確立
灘浜第一高炉火入れ
1960年 ニューヨーク事務所開設
1962年 海外プラント事業スタート
日本初のプラント輸出(東パキスタン)

1905

1968年 タイに製造拠点開設
(溶接棒)
1970年 加古川製鉄所完成

1905

1970

1975年 新交通システム
沖縄国際海洋博会場での「海洋博KRT」運転開始
1979年 国際統一商標として「KOBELCO」ブランド制定
溶接ロボットARCMAN™開発

1905

1983年 米国Midrex社買収
還元鉄/新製鉄 プラントビジネスを開始

1905

1988年 米国統括会社設立
(ニューヨーク事務所と統合、2017年にデトロイトへ集約)
1995年 阪神?淡路大震災被災
被災後2ヵ月半で高炉を再稼働

1990

1996年 電力卸供給事業(IPP)参入
規制緩和を受け参入
2000年 「企業倫理綱領」制定
2002年 神戸発電所
営業運転を開始

1905

2004年 中国に汎用圧縮機の製造?販売拠点を設立
2005年 創立100周年

2005

2006年 「企業理念」策定
中国自動車用特殊鋼線材加工拠点稼働開始
米国自動車サスペンション用アルミ鍛造工場稼働開始
米国に非汎用圧縮機の製造?販売拠点を設立
2011年 中国統括会社設立
2014年 中国自動車用冷延ハイテンの製造?販売拠点を設立
機械事業開始100周年

1905

2016年 中長期経営ビジョン「KOBELCO VISION “G+”」を策定
天津アルミパネル工場稼働
自動車向けアルミパネル材(日系企業初)

1905

電力事業部門スタート

1905

真岡発電所建設開始
2017年 企業理念を「KOBELCOの3つの約束」とし、「KOBELCOの6つの誓い」を新たに策定
品質不適切行為発覚、再発防止策の策定
東南アジアおよび南アジア地域統括会社設立
加古川製鉄所への上工程集約

1905

スウェーデンQuintus社買収
IP装置の世界トップメーカー

1905

2019年 欧州地域統括会社設立
「中期経営計画ローリング(2019~2020年度)」を公表

ページトップへ

虎!虎!虎!在线观看_亚欧乱亚欧乱色视频_新视觉影视线6080理论片_最佳情侣高清视频在线观看